• HOME
  • 通院・⼈⼯透析 送迎サービス
医療施設・福祉介護施設へ、必要とされる⽅々の送迎を⾏います。

医療施設・福祉介護施設へ、
必要とされる⽅々の送迎を⾏います。

こんなお悩み・ご要望はありませんか?
キャビックがお悩みを解決します!

| Problems and Solutions |

送迎計画の⽴案が苦⼿

送迎計画の⽴案が苦⼿

送迎サービスを提供するうえで、送迎ルートや停留所の設定など「送迎計画」を⽴案することが苦⼿な企業様が多くございます。26年以上にわたる私どもの運⾏管理経験に基づき、最適な送迎計画をご提案いたします。

患者様情報の管理が⼤変

患者様情報の管理が⼤変

キャビックでは⽇々、60名以上の透析患者様の送迎を担当させていただいております。新規のご依頼や⼊院による当⽇送迎キャンセルなど⽇々状況が変わる中で送迎しなければいけません。透析患者様の個⼈情報などをご共有いただき、適切な送迎ルートを計画・提案し医療法⼈様の円滑な運営に寄与いたします。

急な⾞両トラブルに対応できない

急な⾞両トラブルに対応できない

送迎⾞両のエンジンや異⾳、球切れなどのトラブルに⾒舞われたご経験はございませんか?キャビックでは⾃社の整備⼯場がございますので、迅速な対応が可能です。(乗⽤⾞から中型バスまで対応)また、リフト付きハイエースも複数台保有しておりますので、代⾞のご⼼配も不要です。突発的な⾞両トラブルから⾞検などのメンテナンスも全てお任せください。

ドライバーの急な⽋勤に対応できない

ドライバーの急な⽋勤に対応できない

「今⽇、体調が悪いので休ませてください」とドライバーから急に⽋勤の連絡が⼊った際、対応に困られたケースはございませんか?キャビックでは控えのドライバーを常に複数名確保しており、急な退職や⽋勤、病気⼜は⻑期⼊院が余儀なくされた場合でも、運⾏に⽀障がないよう迅速に現場へドライバーを配置することができる体制を整えております。

お客様の声

| Voice |

お客様の声

病院(管理本部・次長)

系列病院と診療所を結ぶ送迎業務の自社での実施を検討していましたが、人材確保や維持費など掛かる経費を比較した結果、運転委託をお願いすることにしました。当時、契約していた業者さんでは当法人が求めるサービスに対応できなかったため、より手厚くサポートしてくれるキャビックさんにお願いすることになりました。全体で6台のシャトルバスを運行いただいており、外来患者様、透析患者様、入院のお見舞いなどで毎日利用いただいております。患者様の満足度も高く、職員も拠点移動に使っているので当病院に関わるみんなが助かっています。多くのコースがあり、日々多くの方が利用いただいているシャトルバスなので、自分たちで管理するのは本当に大変なので、非常に助かっています。今ではキャビックさんのシャトルバスがあることが当たり前になっているので、増便も検討しています。

Contact

お問い合わせ・資料請求

お気軽にお問い合わせください

075-881-7711

【営業時間】平日9:00〜18:00 担当:カネモト

トップに戻る